たこやきブログ

日々の役に立つ情報をお届けします

お役立ち イベント

成人式にレンタルする袴(男性用)の料金相場と注意点とは?

2016/10/27

成人式は一生に一度の晴れ舞台!
袴(はかま)でビシッと決めたいですよね。

そこで、レンタル料金の相場や、
注意点についてまとめました。

男性用の袴をレンタルする際、
ぜひ参考にしてください。

せっかく日本に生まれたからには、
やっぱり和服を着たいものです。

古来より受け継がれる礼装は、
新成人のあなたに、
いっそうの風格を与えるでしょう。

まわりが無難にスーツを着る中、
目立つこと間違いなしです!

成人式で再会する同窓生にも、
注目されますよ。

もし、気になる女の子がいる場合、
あなたの袴姿が、会話のきっかけに
なるかもしれませんね。

一生に一度の成人式を、
素敵な時間にしましょう!

めでたい紅白の光
 

袴(男性用)のレンタル料金相場

では、さっそく、
袴(はかま)のレンタル料金が、
どのくらいか見てみましょう。

成人式でのレンタル料金は、
ズバリ、3万円が相場となっています。

3万円を超えてくると高めの料金、
下回ると低めの料金と、
おおよそ考えておきましょう。

より細かくレンタル料金を見ると、
以下のようになります。

  • 15000円 最安
  • 20000円 安い
  • 30000円 普通(相場)
  • 40000円 高め
  • 50000円 高い
  • 55000円 最高

成人式での、袴のレンタル料金は、
一番安いもので、1万5千円ほど、
最も高くなると、5万5千円ほど
です。

この価格の間を、相場の3万円を中心に、
安くなったり、高くなったりします。

相場の3万円前後ですと、
袴の品数が揃っています。

値段も全体の中ほどに位置していて、
ほどよいバランスの料金といえます。

むむ、3万円だとちょっと高いなぁ、
そう思われたあなた。

心配ありません。

抑えた予算でも、十分に、
カッコよく決めることができます!

たしかに、1万円台~2万円台の袴は、
相場より低めのレンタル価格です。

でも、安いからといって、
いい加減な品質ではありません。

オーソドックスな黒い袴を中心に、
しっかりしたものが多いです。

色鮮やかなカラーを用いた袴もありますね。

楽天市場にも、
この価格帯でレンタルを行っている
お店が多くあります。

チェックしてみてくださいね。

空に浮かぶ円マーク

風格を自然に演出したい場合、
1万円台から、相場の3万円前後の袴が
適しているでしょう。

4万円を超えてくると、
洗練されたデザインや、
流行の袴が多くなります。

オーソドックスな黒い袴も、
貫禄のある印象です。

高めの料金だけあって、
品質も良いものが多いです。

ただ、派手な袴を選ぶと、
ヤンキーと思われる可能性が、
高くなります。

注意しましょう。

オーソドックスな黒い袴が、
おすすめ
ですよ。

注目を浴び、思い出に残る成人式にしたい
という気持ちが強ければ、
4万円~5万円台の袴を検討しましょう。

あなたの存在感ある袴姿に、
みんなの視線が集まるはずです!

また、スタジオ等でレンタルする場合、
写真撮影などのサービスが付いて、
高めの料金になることもあります。

袴姿を写真に収め、
思い出に残したいと考えていれば、
こうしたサービスも検討しましょう。

成人式は一生に一回しかやってきません。
ぜひ、素敵な袴を身にまとい、
悔いのないひとときにしましょう!

 

レンタルする際の注意点

成人式で袴(はかま)をレンタルする際、
注意した方がいいポイントをまとめました。

こんなはずではなかった・・・。
そう後悔する前に、
以下の7点に気をつけましょう。

1. 成人式シーズンは割高料金
2. 袴姿はヤンキーと思われる?
3. 一式をまとめてレンタルする
4. 往復送料とレンタル期間
5. クリーニングは不要
6. 汚した場合の弁償代と保険
7. 早期に予約する

それでは、ひとつずつ、
説明していきますね。

指とチェックマーク
 

1. 成人式シーズンは割高料金

袴(はかま)のレンタル料金は、
1月の成人式シーズンの方が、
2月~12月の通常期よりも、
高くなる傾向にあります。

1月は、呉服屋のかき入れ時なので、
通常期よりも、高い料金になるのです。

だいたい、5千円~2万円ほど
高くなる場合が多いです。

◆袴(男性用)のレンタル料金

1月【成人式シーズン】・・・割高
2月~12月【通常期】・・・普通

ですので、ネットショップや、
店頭で提示されている料金が、
成人式シーズンと通常期のどちらなのか
忘れずにチェックしましょう。


もし、あなたのレンタルしたい袴が、
通常期の料金で表示されていたら大変です。

そのときは、成人式シーズンの
レンタル料金を確認しましょう。

なお、本記事のはじめに書きました相場は、
成人式シーズンの料金です。

そのままご活用くださいね。
 

2. 袴姿はヤンキーと思われる?

袴でカッコよく決めたいけど、
ヤンキーと思われるか不安・・・。

あなたは、このように、
感じているかもしれません。

確かに、派手な袴をまとい、
暴れる新成人の姿が、
毎年、テレビで報じられ、
ネットで拡散されています。

もはや冬の風物詩となっています。

このような状況では、
あなたが不安を抱くのも無理ないです。

しかし、心配ありません。

袴はれっきとした礼装です。
着用することにためらいは要りません。

事実、袴姿で式に臨む、
真面目な新成人もいる
わけです。

では、どうすれは、
ヤンキーと誤解されることなく、
袴姿で成人式に出席できるのでしょうか。

そのためには、必ず、
以下のポイントを押さえましょう。

それは、オーソドックスな黒の袴
選ぶということです。

典型的な例は、下の画像のような
シンプルで黒い袴姿です。

あなたも、
一度は見たことがあると思います。

黒の袴を着る男性

デザインについては、
派手な柄が入っていると、
ヤンキーと思われる
可能性が高まります。

ですので、オーソドックスで、
シンプルなデザインがおすすめ
です。

色については、
黒を、基本のカラーにします。

礼服において、
黒はベーシックな色です。

落ち着いた黒の色合いが、あなたに、
新成人にふさわしい風格を与えるでしょう。

そして、黒をベースにして、
グレーや白を一部取り入れましょう。

全身をモノトーン(黒・グレー・白)
まとめれば、明るさと落ち着きを、
バランスよく演出できます。

赤・青・緑・紫など、カラーの袴の場合、
ヤンキーと思われるリスクは高くなります。

それでも、カラーで目立ちたいという場合、
淡い色、比較的落ち着いた色を、
一部に取り入れるという方法が考えられます。

とはいえ、無難なのはやはり、
モノトーン(黒・グレー・白)で
まとめることです。


シンプルなデザインと、
モノトーンカラー。

ヤンキーと思われたくない場合、
以上のポイントを踏まえてください。

モノトーンカラー

ちなみに、
袴を着てくる人は全てヤンキーと思い込む、
頭のかたい新成人も、
わずかですが、会場にいるかもしれません。

そうした人は、基本的に、
放っておきましょう。

ただし、もし必要があれば、
袴はれっきとした礼装である点を、
冷静に伝えましょう。

きっと、あなたの考えを分かってくれます。
 

3. 一式をまとめてレンタルする

袴姿になるためには、
さまざまなアイテムが必要になります。

その一覧を下に書いてみますね。

◆袴姿になるために必要な一式

・袴(はかま)
・羽織(はおり)
・着物(きもの)
・襦袢(じゅばん)
・角帯(かくおび)
・足袋(たび)
・雪駄(せった)、または、草履(ぞうり)
・扇子(せんす)
・羽織ひも(はおりひも)
・腰ひも(こしひも)
・えり芯(えりしん)

とてもたくさんありますよね。

袴姿になるためには、
これらのアイテムを一式、
揃える必要があります。

とはいえ、袴や羽織、着物、
その他に、小物などもあって、
ひとりで揃えるのは大変ですよね。

でも、ご安心ください。

レンタルする際、多くのお店では、
これらのアイテムはすべて、
一式になっています。

つまり、袴姿になるために必要なものは、
まとめてレンタルできます。

木漏れ日

ただし、中には、
そうではないお店もあります。

たとえば、「雪駄」「草履」や、
「扇子」がないという場合
があります。

レンタルに含まれていないアイテムは、
あなたが揃えなければいけません。

そうなると、費用や手間がかかります。

ですので、できれば、アイテム一式が、
すべてが揃うお店をおすすめします。

事前に、必要なアイテムを、
まとめてレンタルできるか、
情報を確認しておきましょう。

なお、本記事のはじめに書きました相場は、
基本的に、全アイテム一式の
セット料金をもとにしています。

そのままご活用ください。
 

4. 往復送料とレンタル期間

往復送料と、レンタル期間も、
チェックしておきましょう。

ネットでレンタルする場合、
送料がかかる可能性があります。

とはいえ、嬉しいことに、
多くのお店では、送料は完全無料です。

しかし、そうでない場合、
往復分と送料が発生し、
それなりの料金となります。

ですので、念のため、往復の送料を、
チェックしておくといいでしょう。

和風の柄

あわせて、レンタル期間も、
確認しておきます。

だいたい、成人式の2、3日前に、袴が届き、
式の翌日に返送するパターンが多い
です。

おそらく、この期間で、
あなたも問題ないはずです。

しかし、これとは違うレンタル期間の
お店もあります。

また、もしかしたら、あなたにも、
特別な事情があるかもしれません。

ですので、レンタル期間も、
あなたの都合に合うかどうか、
確認しておきましょう。

袴の到着がぎりぎりになり過ぎたり、
返送期限に間に合わなくて、

延滞料金が生じても困りますよね。

袴がいつ届くのか、
そして、いつ返送すればいいのか、
忘れずにチェックしましょう。
 

5. クリーニングは不要

成人式で袴を着用し、お店に返却する際、
たいていはクリーニング不要です。

大切な生地が傷んでしまうためです。
クリーニングは、お店の方で行います。

このため、多くの場合、
クリーニング代は、
レンタル料金に含まれています。

ただし、別途、
クリーニング代が必要な
お店がある可能性もあります。

念のため、
クリーニング代が必要かどうか、
チェックしておくと安心です。
 

6. 汚した場合の弁償代と保険

レンタルした袴は、汚したり、傷つけると、
多くの場合、弁償代を払うことになります。

中には、弁償代が
数万円になるケースもあります。
注意しましょう。

成人式では、昔の友だちや、
気になる女の子に会う
ことができます。

テンションが上がりますよね。

あなたの袴姿をきっかけに、
話も弾むことでしょう!

もし、あなたが、
すでに20歳を迎えていれば、
お酒を飲んで、盛り上がることも
あるかもしれませんね。

和服の女性

でも、もしかしたら、そのとき、
食べ物やお酒がこぼれて、
着用している袴が、
汚れてしまう
かもしれません。

または、体を動かしたとき、
どこかにぶつけて、
袴を傷つけてしまうかもしれません。

こうなると、せっかく楽しんでいたのに、
気分は盛り下がってしまいますね。

とても残念です。

他にも、いつかどこかで、
レンタルした袴が、
汚れたり、傷む可能性はあります。

しかし、袴を心配するあまり、
成人式が楽しめなくなっては、
元も子もありません。

また、
人間の注意力には限界があります。

いくら気をつけていても、
汚れるときは汚れてしまいます。

そこで、おすすめなのが、
レンタルする際に、お店が独自に
用意している保険に入る
ことです。

この保険は、もし、あなたが、
袴を汚したり、傷めたとしても、
弁償代を払わなくて済む、というものです。

こうした保険を準備しているお店を、
選ぶといいでしょう。

保険の名前は、お店によって違いますが、
「あんしん保険」といった名前が多いですね。

保険料は、だいたい、
1000円から2000円ほどです。

レンタルするお店を選ぶときは、
こうした保険があるかどうか、
また、保険があればその内容を、
ぜひ確認しておきましょう。

保険に入っておけば、安心して、
成人式を、思いっきり楽しむことが
できますね!

なお、袴を紛失したり、わざと傷めた場合、
保険はききません
のでご注意ください。

7. 早期に予約する

レンタルする袴は、
できるだけ早く予約しましょう。

成人式の3か月前(10月)には、すでに、
予約が埋まっている袴もあります。

成人式に備えて、それより以前から、
動いている人がいるわけです。

特に、人気のあるデザインは、
早く予約が埋まる傾向にあります。

着ていきたい袴が決まっていれば、
すぐにでも予約しましょう!

青空と日の丸

ただ、いったん予約した袴を変更すると、
キャンセル料金が生じることがあります。
この点だけは注意しましょう。

まだ決まっていない場合は、
どの袴にするか、早く検討を始めましょう!

成人式で、和服の礼装をしている
自分の姿を思い浮かべると、
楽しくなってきますよ。

周囲の人々はあなたをチラチラと見て、
友だちの間では、お前袴で来たのかぁと、
盛り上がる
ことでしょう。

気になる女の子がいる場合、
話すきっかけにもなりますね。

そのときは、その子も、
褒めざるを得ないほど、
美しい着物姿になっていることでしょう!

和服同士でお似合いですね。

ぜひ、わくわくしながら、
袴を選んでくださいね。

成人式が、あなたにとって、
輝かしいものとなりますように。

(了)

-お役立ち, イベント