たこやきブログ

日々の役に立つ情報をお届けします

お役立ち イベント

年賀状の一言集~取引先やお客様が喜ぶコメント文例&マナー

2016/10/09

年賀状に添える一言コメントやメッセージ、
添え書きの文例
をまとめました。

今回は、取引先や得意先、
顧客といったお客様に向けた文例集
になります。

年賀状って、本来は、
印刷された文章だけでも問題ないですよね。

でも、そこに手書きの一言を添えると、
思いや温かみの伝わる
オリジナルな年賀状になりますよ。

取引先やお客様が、
新年を明るい気持ちで迎えられるよう、
素敵な年賀状を作りましょう。

また、年賀状を送る際、
気をつけたいマナーもまとめました。

新年早々失礼のないように、
あわせてお役立てください。

富士山の初日の出

一言コメント・メッセージ・添え書きの文例集

取引先やお客様宛ての一言メッセージ・添え書きを、
内容ごとに以下の7つに分類しました。

  1. 感謝
  2. 依頼
  3. 近況
  4. 抱負
  5. 祈願
  6. 配慮
  7. 疎遠(ご無沙汰)

あなたの伝えたいメッセージに合うものを
選んでくださいね。

文を組み合わせたり、アレンジしたり、
あなたのオリジナルの文を作ることも
おすすめですよ。

1. 感謝

  • 昨年はひとかたならぬお引立てを賜り厚く御礼申し上げます
  • 昨年は並々ならぬご愛顧にあずかり深く感謝しております
  • 旧年中は何かとお力添えをいただき深謝申し上げます
  • 旧年中は弊社サービスをご愛顧いただき誠にありがとうございました
  • ○○(プロジェクトなど)では多大なご支援を賜り誠にありがとうございました
  • 昨年も弊店をご贔屓にしてくださり誠にありがとうございました
  • ○○様のきめ細やかなお心遣いにいつも感謝しております
  • ○○様のお陰で△△(プロジェクトなど)が高い評価を得ました【改行を入れる】
    深く感謝しております

2. 依頼

  • 本年も倍旧のご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
  • 本年も変わらぬご愛顧のほど何卒お願い申し上げます
  • 本年もご指導のほどよろしくお願いいたします
  • 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます
  • 今年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
  • ○○様のご来店を心よりお待ちしております
  • お気づきの点がありましたら何なりとお申し付けください
  • 本年も毎日ブログを更新いたしますのでどうぞご覧ください

3. 近況

  • 新たな○○(支店・営業所・お店など)が△月△日オープンいたします
  • ○○(支店・営業所・お店など)がオープンして半年が経ちました
  • 今年は弊社創業○○周年を迎えることになります
  • 昨年は業績を伸ばすことができました【改行を入れる】
    これもひとえに皆様のお陰と深謝申し上げます
  • 貴社のお陰をもちまして○○(プロジェクト、事業など)を軌道に乗せることができました【改行を入れる】
    誠にありがとうございました
  • ○○様のお陰で△△(企画、商品など)が高い評価を得ました【改行を入れる】
    ありがとうございました
  • ○○(プロジェクトなど)で頂いたご助言を今も肝に銘じています
  • ○○様に頂いたご指摘を活かし△△(問題点など)を□□(改善結果など)にいたしました

4. 抱負

  • 本年もさらなるサービスの向上をはかり皆様のお役に立てるよう努める所存です
  • 本年も貴社のご期待に沿えるよう社員一同尽力してまいります
  • 本年はさらなる飛躍を遂げるべく新プロジェクトに邁進してまいります
  • 今年もスタッフ一同力を合わせ皆様に魅力的な商品をお届けいたします
  • 今年は心あらたに人材育成に精励いたします
  • 今年も一歩一歩着実に前進してまいります
  • 皆様からのご支援を忘れることなく感謝の念をもって職務にあたる決意です
  • 本年も毎日ブログを更新いたしますのでどうぞご覧ください

5. 祈願

  • 貴社のますますのご繁栄と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます
  • 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます
  • 貴社のますますのご発展を祈念いたします
  • 一層のご活躍をお祈りいたします
  • ○○(プロジェクトなど)の成功を心よりお祈り申し上げます
  • ○○様とご家族の皆様にとって佳き年となりますよう心よりお祈りいたします
  • 新年が皆様にとって良い年でありますように
  • 輝かしい一年となりますように

6. 配慮

  • 皆様にはどうぞお健やかにお過ごしくださいませ
  • どうぞお体にお気をつけくださいませ
  • どうぞ御身おいといください
  • くれぐれもご自愛ください
  • お買い上げいただいた○○(商品など)の調子はいかがでしょうか【改行を入れる】
    何かありましたら遠慮なくお申し付けください
  • ○○(プロジェクトなど)が山場を迎えご多用と存じますのでお体をおいといくださいませ
  • ○○様のお心遣いにいつも頭が下がる思いです
  • ○○(支店・営業所・お店など)がオープンいたしました【改行を入れる】
    お近くにお越しの節はぜひお立ち寄り下さい

※「ご多忙」や「忙しい」という語は、「忙」の表記が「心を亡(な)くす」というマイナスの意味を連想させるため、使わない方が無難です

7. 疎遠(ご無沙汰)

  • 心ならずもご連絡が滞り心よりお詫び申し上げます
  • 久しくご連絡が滞り何卒ご容赦ください
  • 平素はご連絡を怠り申し訳ございません
  • ○○(プロジェクトなど)の際にお会いして以来ご連絡を怠り誠に申し訳ございません
  • お久しぶりです

【以下の文と組み合わせると丁寧です】

  • お元気でいらっしゃいますか
  • お変わりございませんか
  • その後いかがですか

※「ご無沙汰」という語は、「無」が忌み言葉にあたるため、使わない方が無難です
 

一言を添えた年賀状の文例

上記の一言メッセージ、添え書きを使い、
年賀状の文例を6つ挙げました。

実際の年賀状のイメージがつかめると思います。
参考にしてくださいね。

ちなみに、上でご紹介した一言メッセージは、
添え書きだけではなく、本文でも使えますよ。

ピンときたものがあれば、
取り入れたり、アレンジして、
あなたにぴったりの年賀状を作ってください。

お正月

文例1 スタンダード 取引先・担当者宛て

謹んで新春のお慶びを申し上げます
旧年中はひとかたならぬお引立てを賜り厚く御礼申し上げます
本年も皆様のご期待に沿えるよう一層の努力を重ねてまいります
どうか今後とも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
貴社のますますのご繁栄と皆様のご活躍を心より祈念いたします
 

文例2 シンプル 取引先・担当者宛て

恭賀新春
昨年は何かとお力添えをいただき深謝いたします
本年も倍旧のご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
○○(プロジェクトなど)の成功を心よりお祈り申し上げます
 

文例3 長め 取引先・担当者宛て

明けましておめでとうございます
昨年は何かとお力添えをいただき誠にありがとうございました
お陰をもちまして弊社の経営も安定してまいりました
本年も一層気持ちを引き締め皆様のお役に立てるよう努める所存です
今後とも変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
○○様のご支援を忘れることなく感謝の念をもって社業に邁進いたします
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます

 

文例4 スタンダード 個人のお客様宛て

謹んで新春のお慶びを申し上げます
昨年は並々ならぬご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます
本年も皆様にご満足いただけるよう一層の努力を重ねてまいります
今後とも変わらぬお引立てのほどよろしくお願い申し上げます
平成○○年 元旦
 
【一言コメント・添え書き(手書き)】
○○様とご家族の皆様にとって佳き年となりますよう心よりお祈りいたします
 

文例5 シンプル 個人のお客様宛て

明けましておめでとうございます
昨年は何かとお引立てを賜り誠にありがとうございました
本年も一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
○○様のご来店をスタッフ一同心待ちにしております
 

文例6 やわらかめ 個人のお客様宛て

HAPPY NEW YEAR
昨年も弊店をご贔屓にしてくださり誠にありがとうございました
これからもさらなるサービスの向上をはかり皆様に愛されるサロンを目指します
本年もどうぞよろしくお願いいたします
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
○○様のご来店を楽しみにしております
またおすすめの映画を教えてください

 

年賀状のマナー ~取引先・お客様宛て~

取引先や得意先、お客様に、
年賀状を送る際のマナーを8つにまとめました。

1. 秘密を漏らさない
2. 句読点を打たない
3. 関係性を踏まえた文面にする
4. 二文字以下の賀詞は使わない
5. 本文と添え書きの重複を避ける
6. 複数の担当者がいる場合
7. 敬称の付け方 ~「様」と「御中」~
8. その他のマナー

以下、各項目について説明します。

失礼のない年賀状を送るために、
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

ビジネスマンの握手

1. 秘密を漏らさない

取引先や得意先に送る場合、
年賀状が会社の人たちや関係者の
目に留まる
可能性があります。

このため、機密情報をはじめ、
漏れてはいけない内容は、
年賀状に書いてはいけません。

信用を壊さないようにしましょう。

ビジネス上での年賀状ですので、
基本的には、プライベートな内容
書かない方が無難です。

個人のお客様向けでも、
相手の家族や親戚が見る可能性があります。

こうした身内の方が見ても、
問題のない内容
にしましょう。

2. 句読点を打たない

基本的に、改まった年賀状の文章には、
句読点は打ちません。

ですから、取引先や担当者、
丁重な対応をすべきお客様
への年賀状では、
句読点はない方が良いでしょう。

句読点を打たない理由は2つあります。

まず、もともと漢文や和文には、
句読点がなかった
ことが挙げられます。

こうした句読点のない文章は、
文や意味がどこで切れるのか分かりにくく、
文字に接する機会の少ない人にとっては、
読みづらいものでした。

そこで、文字に普段接しない人でも
読みやすくするため
に、
句読点が用いられるようになったのです。

このような歴史があるため、
敬意を表すことが必要な改まった年賀状では、
句読点は打たないのです。

もうひとつの理由は、句読点の区切れが
「切る」という縁起の悪い言葉を意味するため、
年頭の挨拶にふさわしくないためです。

とはいえ、現代では
年賀状の文面に句読点があっても、
気にしない人も多いです。

ただし、取引先や担当者、
丁寧な対応が必要なお客様への文章では、
句読点を打たない方が無難です。

長い文の途中や文末に改行を上手く入れ
句読点がなくても読みやすいように、
レイアウトを整えましょう

◆句読点を打たない場合の文例

謹んで新春のお慶びを申し上げます(改行)
旧年中は並々ならぬお引立てを賜り(改行)
厚く御礼申し上げます(改行)
本年も貴社のご期待に沿えるよう(改行)
社員一同尽力してまいります(改行)
どうか今後とも変わらぬご厚誼のほど(改行)
よろしくお願い申し上げます(改行)
平成○○年 元旦

【一言コメント・添え書き(手書き)】
貴社のますますのご繁栄と(改行)
皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます

3. 関係性を踏まえた文面にする

立場、距離感、親密度など、
あなたと相手の関係性を踏まえ、
適切な文面の年賀状にしましょう。

取引先やお客様宛ての年賀状は、
基本的には、改まった文体をこころがけます。

特に、差出人も宛先も会社の名前となる、
会社間でやりとりする年賀状の場合は、
改まった文体が適切です。

また、取引先の担当者に宛てる年賀状も、
改まった文体が良いでしょう。

文の内容は、
「変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます」
といった一般的な内容が良いでしょう。

逆に、親しい個人のお客様宛ての場合などは、
文体は少しやわらかくても大丈夫です。

文の内容も、近況報告や、
二人の知っている出来事など、
やや具体的な内容が良いでしょう。

添え書きには、たとえば、
「○○様のご来店を心待ちにしております」
といった具合に、個人名を入れると、
親しみが増しますよ。

次のようなケースもあります。

距離感が遠くても、
お近づきになりたい相手には、
改まった文体と、適度に具体的な内容
組み合わせると効果的でしょう。

逆に、個人のお客様宛てであっても、
あまり親しくない場合には、
やわらかめの文体と一般的な内容
組み合わせるという方法もあります。

まとめると以下のようになります。

◆改まった文体
⇒ 宛名が会社、担当者の場合
⇒ 相手との関係性が遠い、ビジネスに限られる場合

◆やわらかめの文体
⇒ 宛名が個人のお客様場合
⇒ 相手との関係性が近い場合
◆一般的な内容
無難に挨拶する場合

具体的な内容
親しい関係の場合
お近づきになりたい場合

このことを基本として意識しながら、
文体と内容を適切に組み合わせ
相手にぴったりの文面を作りましょう。

4. 二文字以下の賀詞は使わない

賀詞(がし)とは、お祝いの言葉です。

年賀状の賀詞には、
たとえば以下のようなものがあります。

◆スタンダードな賀詞の例

・謹賀新年
・恭賀新年
・謹んで新年のご祝詞を申し上げます
・謹んで新春のお慶びを申し上げます
・明けましておめでとうございます

年賀状の1行目に、こういった賀詞が
大きく書いてあるのを目にしますね。

宛先が、取引先の会社や担当者など、
改まった文面が適切な場合には、
上のような賀詞を使いましょう。

他にも、賀詞には、「賀正」「迎春」といった
2文字のものがあります。

また、「賀」「寿」などの
1文字のものもあります。

しかし、1文字や2文字の賀詞は、
雑な印象を与える可能性があります。

そのため、
取引先の会社や担当者に宛てた年賀状には、
ふさわしくありません。

◆改まった年賀状には使わない賀詞の例

・賀正
・迎春
・慶賀
・賀
・寿
・春

こういった賀詞は、
もともと4文字である賀詞の省略形
考えられるからです。

・「恭賀新正」⇒「賀正」「賀」
・「迎春万歳」⇒「迎春」
・「敬寿瑞春」⇒「寿」

ですので、4文字の賀詞や、
文の形をしている賀詞を使いましょう。

南天の実

4文字の賀詞では、
「謹」や「恭」の文字があるものが
スタンダードに使われています。

以下のように、
敬語の形になっているためです。

・謹賀新年
⇒【意味】謹(つつし)んで新年をお祝い申し上げます

・恭賀新年
⇒【意味】恭(うやうや)しく新年をお祝い申し上げます

なお、「Happy New Year」のような横文字は、
敬語ではないと考えられます。

このため、取引先や担当者宛てには、
使わない
ようにしましょう。

ただし、個人のお客様向けとしては、
許容範囲
といえるでしょう。

5. 本文と添え書きの重複を避ける

年賀状の本文と、
添え書き(一言コメント・メッセージ)は、
内容が重複しないようにします。

たとえば、以下の例をみてみましょう。

◆本文と添え書きが重複している文例

謹賀新春
昨年は何かとお引立てを賜り誠にありがとうございました
本年も一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます
平成○○年 元旦

【添え書き(一言コメント・メッセージ)】

本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

この例文では、
赤い字で記した2つの文が同じような内容ですね。

・本文
「一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」

・添え書き
「変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます」

このような内容の重複
生じないようにしましょう。

本文に書いてあることを、
わざわざ一言添える必要はないですからね。

重複を避けるためには、1通ずつ、
どんなコメントやメッセージを添えるかを
あらかじめ考えておく
と良いでしょう。

その後、考えた添え書きと重ならないように、
本文を練る
のです。

逆に、あらかじめ
本文をシンプルな文面にしておくのも、
添え書きの選択肢を広げることができて、
後々楽になることが多いです。

6. 複数の担当者がいる場合

取引先の担当者が複数いる場合、
1人ずつに年賀状を出すのか、
まとめて1通だけ出すのか迷いますよね。

このとき、基本的には、
それぞれ1人ずつ年賀状を出します。

これが最も丁寧です。

担当者との関係が大切な場合は、
ぜひ、1人ずつに送ってください。

そこまでの手間をかけるほどではないと
判断するようでしたら、
まとめて1通だけ出せば良いでしょう。

7. 敬称の付け方 ~「様」と「御中」~

宛名の敬称は、個人宛ての場合は「様」
会社や部署宛ての場合は「御中」を使います。

以下、例を挙げてみますね。

◆個人宛ての場合

(1)役職のある方宛て

株式会社ネンガジョウ
第一営業部
部長 山田 太郎 様

(2)役職のない方宛て
株式会社ネンガジョウ
第二営業部
鈴木 次郎 様

◆部署宛ての場合
株式会社ネンガジョウ
第一営業部 御中

◆会社宛ての場合

株式会社ネンガジョウ 御中

注意点としては、「様」と「御中」は、
同時に使わない
ようにします。

個人名と、会社名・部署名がある場合、
「御中」は使いません。

氏名に「様」を付けるだけでオッケーです。

◆間違った例 「様」と「御中」を同時に使用

(1)
株式会社ネンガジョウ
第一営業部 御中
部長 山田 太郎 様

(2)
株式会社ネンガジョウ 御中
部長 山田 太郎 様

(1)(2)いずれも「御中」が不要

ちなみに、敬称には「殿」もありますが、
使うのは避けた方が良いです。

「殿」は、目下の者に送る場合に
使う敬称という風潮があるためです。

これは、もともと
役所が個人宛ての手紙に「殿」を
使っている
ことに由来します。

「殿」を使うと、昔、お上(役所)から
民に出されたお触れ書きを思い出させ、
尊大な印象を与えかねないということで、
ビジネスシーンでは避けられています。

かつて、ビジネスにおいては、
「○○部長殿」といった具合に、
宛名が役職名のみの場合は、
「殿」を付ける
とされてきました。

しかし、最近では、「○○部長様」のように、
役職名のみの場合でも、
「様」を使うことが多くなっています。

いずれにしても、年賀状では、
相手の氏名が分からないことはない
思います。

ですので、「様」を付けることはあっても、
「殿」を使う機会はないはずです。

ただし、もし、
「殿」の方が良いのかなと考えたときには、
ここに書いたことを思い出してください。

8. その他のマナー

その他、取引先やお客様宛てに限らない、
年賀状の一般的なマナーを、
こちらにまとめました。

年賀状で守るマナー5選

ぜひチェックしてくださいね。

また、会社の上司や先輩といった目上の人向けの
添え書き、一言コメント集
もあります。

よろしければ参考にしてみてください。

上司や先輩が喜ぶコメント文例&マナー

取引先や得意先、お客様に、
気持ちよく新年のあいさつをして、
商売繁盛といきましょう!(笑)

それでは最後まで読んでくださり
ありがとうございました。

(了)

-お役立ち, イベント